奇想曲的パクシフ作品楽賞録

パクシフさんをメインに、ときどき他の海外ドラマについても語ります

逆転の女王の声優さん inダウントンアビー

皆様、お元気でいらっしゃいますか。
ダウントンアビー4のNHKでの放送が終わってからだいぶ経ちました。シーズン4開始当初は廃人のようだったメアリーに、「メアリーの男たち」の展開が訪れるとはビックリでした。

さて、ダウントンアビーには、逆転の女王の声優さんが現在わかる限り、4人出演していらっしゃいます。逆転の女王はテレビ神奈川で毎週火曜日の夜10時から放送中ですので、試聴可能であればダウントンアビーの声優さんを探してみてください。

逆転の女王に出演のダウントンアビー声優さん

(敬称略)
グランサム伯爵夫人 コーラ役:片貝薫
次女イーディス役:坂井恭子
デイジー役:中司ゆう花
救貧院にいるカーソンさんの旧友グリッグ役:藤吉浩二

※藤吉さんは、役名と対で表記されていないので推測です。

私の分かる限りでは、上記の方々が逆転の女王の配役表にも名前が載っています。はたして逆転の女王ではどんな役でしょうか?なお、以下に記す逆転の女王での配役は、中司ゆう花さんの情報だけが100パーセント確実情報、あとは私の推測です。

グランサム伯爵夫人 コーラの声は

f:id:kisoukyoku:20160407224405j:plain
お美しいグランサム伯爵夫人を演じる片貝薫さん。逆転の女王では複数の役を演じています。コーラの声と近いのはこちら


f:id:kisoukyoku:20160416194322j:plain
ヨンシクのホンモノのママさんです。ひょっとしてヨンシクママは、コーラ役の方?と思って配役表を見てみると、ありました、片貝さんのお名前が。声優名と役名がセットで表示されてはいませんが、片貝さんだと思います。シフシフのママ役だなんて、それだけでうらやましいですね、はい。

でも、片貝さんのお名前は、ヨンシクママが登場するずっと前、第1話からあるんですよね。第4話と7話10話には片貝さんのお名前がないので、かなり絞り込めました。おそらくこの方ですね。

f:id:kisoukyoku:20160412175811j:plain
ポン・ジュンスママ、オ・ミスンです。いやあ、ヨンシクママ、イコール、ポン・ジュンスママとは全く気が付きませんでした。ちなみに、ヨンシクをいじめる意地悪な継母の声、イコール、ファン・テヒの母親の声、イコール自然派化粧品を作っている農場のおばあちゃん社長の声ですね。担当は西宏子さんです。

ポン・ジュンスママの時の片貝さんは、近所のかまびすしいおばちゃん風な声で、コーラの声とは似ていません。でも、時々伯爵夫人風の声も聞こえます。第9話でサゴルコムタンを持って帰るのを渋るテヒに、「持っていくの、ヤなの?」という声はかなりコーラ風です。

ほかに片貝さんの声だと思ったのは

f:id:kisoukyoku:20160409193627j:plain
自治会長さん。ポン・ジュンスがメギツネと買い物していたと告げ口した人ですね。それから


f:id:kisoukyoku:20160408181547j:plain
15話のトイレ清掃員さん(手前)。クイーンズの会長本人とは知らずに、会長の悪口を言う清掃員さん。「保険屋さん?よく入れたわねえ」という声、耳に残る声で好きです。右手奥の若手の清掃員の吹き替えは、ファン・テヒの妹、ヨニと同じ方ですね。

そのほか、11話でハン常務に閉経宣告を下した女医さんも片貝さんかと。
テレビ神奈川では22話が終わったところ、ヨンシクママとポン・ジュンスママの声は聞けるので、伯爵夫人コーラとの違いを聞きくらべるのも面白いかもしれません。

イーディス役の声は

f:id:kisoukyoku:20160411034129j:plain
とことん男運のないイーディス嬢。結婚式のドタキャンはあんまりでしたよね。すっかりかわいそうなイメージが定着した彼女ですが、ドラマ当初は長女メアリーとあからさまに険悪な関係で、意地悪もしていました。メアリーの醜聞を暴露する密告状を書いたのはひどすぎないかい?

イーディス役の坂井恭子さんは、ヒロインとは価値観が異なる役や、ヒロインの対立陣営の役が多い気がします。たとえば


f:id:kisoukyoku:20160409193828j:plain
王女の男のイ・セジョン役。姉のセリョンとは違って、父親が王位に就いて自分が公主になることを夢みる現実主義者。となりのセリョンとの表情の対比が面白いですね。セリョン、生きてるかあ?

f:id:kisoukyoku:20160409193854j:plain
奇皇后のヨンファ、ことヨナ(ヨヌァ)「연화」役。皇后・タナシルリの手先として、ヒロインの陥れ工作に励んでいました。

それから、私の記憶ではなくウィキペディア情報なのですが、坂井さんは『トンイ』にも出演されていて、ヒロインとは対立陣営に属する「シビ」役を担当されたそう。ぶりっ子で、のちに改心するとありますが、すみません、声は覚えていません。

NHKものではヒロインと対立する役が多い印象の坂井恭子さんですが、逆転の女王ではいろいろな役を担当されています。これは坂井さんだと確信を持てた役のみ絵付きで紹介します。


f:id:kisoukyoku:20160412175842j:plain
オ課長の奥さん役。この役は、イーディスの声と似ている気がします。これは13話の場面、オ課長の奥さんを失望させないようにオフィスを特別に改装中ですと嘘をついたところです。嘘話に対するオ課長の表情が面白いですね。


f:id:kisoukyoku:20160408225006j:plain
ヨンシクの見合い相手ナ・ジヨンさん。坂井さん、シフシフと間接的に呼吸を合わせてるんですね。もう一人の見合い相手、めちゃくちゃひっついていた人‼︎はどなたなのでしょうか。坂井さんの声かなあとも思いますが、そちらは自信ありません。


f:id:kisoukyoku:20160409194330j:plain
ペク・ヨジンの母の葬式に現れたヨジンの友人、ウニョン(은영)。ヨジンとジュンスがまだ付き合っていると勘違いしてひと騒動起こした方。


f:id:kisoukyoku:20160409194301j:plain
坂井さんの担当は左側の赤い服、ミナ(민아)さん。第28話の物流センターに行く前段のオフィスのシーンで、ミナさんがテヒに「ちょっと、聞きたいんですけどいいですか」という声はイーディス風かと。

右側のヒョンジュ(현주)さんの声は、前述したファン・テヒ(황태희)の妹、ヨニ(연희)と同じ、永吉ユカさんが担当されていると思います。ほかの役で永吉ユカさんの声が聞けるのは、これからテレビ神奈川で見らるものだと第23話の民宿のおばちゃんの役ですね。

ほかには、Sラインアジュンマの声も坂井恭子さんだと思います。14話のSラインアジュンマは違う方の声にも思えますが、15話以降のSライン魔女の声は坂井さんらしい声です。また、23話でヨンシクとテヒが雪道で迷った場面の、カーナビの音声案内の吹き替えも坂井さんの声な気がするなあ。

坂井さん、NHKの新しいドラマ、イニョプの道にもカン氏役で出演されています。おバカキャラの、ホ・ユンソの妻のようです。

【補足】
ここに取り上げた名前だけでも、連音化の名前って多いですね。
ヨヌァ(ヨナ)(연화)、ウニョン(은영)、ミナ(민아)、ヨニ(연희)、イニョプ(인엽) 。一音ずつ区切って読むと、それぞれ 「ヨン・ファ」「ウン・ヨン」「ミン・ア」「ヨン・ヒ」「イン・ヨプ」 です。連音化表記していないのは奇皇后のヨンファだけですね。

ファン・テヒの妹は、原音でも字幕でも「ヨニ」と連音化読みなので隠れていますが、実は姉のテヒと同じヒ「희」が付くんですよね。テヒ(태희)にヨニ(연희)姉妹。

『完璧な恋人に出会う方法』のヒロイン、ユニも、ハングル表記は「윤희」。区切って読めば 「ユン・ヒ」 です。ユニの姉はミヒ「미희」だから、こちらも姉妹で「희」がつく名前なんだなあと。



デイジーの声は

f:id:kisoukyoku:20160409195816j:plain
ダウントンアビーで覚えた中司ゆう花さんの声。中司さんご本人のブログで、逆転の女王での役名を明記されています(なんだかストーカー気分です)。中司さんが演じるのは

f:id:kisoukyoku:20160409194357j:plain
夢見るOLオ・ギップム(오기쁨)さん、その名もよろこびちゃん。固有語の名前ですね。

ウィキペディアを見て驚いたのは、『トンイ』でトンイの息子「クム」の吹き替えが中司さんだということ。クムの声は覚えていませんが、きっとこんな声かと。

f:id:kisoukyoku:20160411034250j:plain
奇皇后の「マハ」。実はヒロインの子どもピョルだった子です。中司さん、男の子の吹き替えもなさるんですね。
逆転の女王4話で、ギップムさんたちがク本部長の噂をしている場面、「構造改革本部長 クドオ(コプンナム)なんですって」と話しているシーン。そこでギップムさんが一人芝居をしているのですが、財閥御曹司の声音がマハの声と似ていると思います。  

中司さん、奇皇后ではマハ役のほかにこんな役も担当されています。
f:id:kisoukyoku:20160416105000j:plain
出典 Newsen
下働きの時からヤンの味方だった女官、ホンダン。ギップムやデイジーよりも落ち着いたトーンの話し方です。それでもホンダンの声、イコールギップムさんの声だとわかりますが、中司さん、まだ違う声もあるのかも?ギップムさんの夢見る乙女のような声が好きです。

カーソンさんの旧友の声は

第4シーズンの第1話と2話に登場したカーソンさんの旧友、グリッグさん。共に歌って踊った相棒って、カーソンさんが芸人だったの?旧友が救貧院にいて助けを求めているというのに、カーソンさんてば、女を取られた昔の恨みで初めは冷たかったですねえ。

そのグリッグの吹き替えは、藤吉浩二さん。逆転の女王ではモク部長役です。モク部長と同じ声の方のお名前ががダウントンアビーの声の出演欄にあったので、藤吉さんで間違いないと思います。

逆転の女王ではモク部長、宿直室に寝泊まりしていましたが、ダウントンアビーではとうとう救貧院行きに‥‥ でも、世の中捨てたものではありません。親切なヒューズさんのおかげで、再出発できたし、旧友とのわだかまりもとけてよかったですよね。

藤吉さんも、逆転の女王の中でモク部長のほかにいろいろな役を担当されています。ファン・テヒの父親役やタクシー運転手役(第1話と第16話)、そしてこんな方の声も。

f:id:kisoukyoku:20160413034416j:plain
カメオ出演したキム・スンウさん。ヨンシクを「도련님 도련님!」(トリョンニム、トリョンニム!)と呼ぶセリフ、字幕では「本部長」ですが、吹き替えは「おぼっちゃま」、こちらの方が良いですね。

それから、会社の役員の声は、藤吉さんと小林かつのりさんのお二人で分担されていることが多いです。小林かつのりさんは、企画開発室のカン・ドンウォン役の方で(ギップムさん大好きの人)、テレビやラジオの音声は小林さんの担当だと思います。今度のテレビ神奈川の放送は第23話ですので、冒頭のラジオの音声を聞けるかと思います。

以上、ダウントンアビーにも出演されている逆転の女王の声優さんたちでした。ダウントンには出ていない声優さんも紹介したのでややこしくなってしまいました。主な役をまとめておきます。間違いがあれば訂正します。

片貝薫(ダウントンアビー コーラ役):ヨンシクママ ポン・ジュンスママ
坂井恭子(イーディス役):企画開発室のミナさん
中司ゆう花(デイジー役):ギップムさん
藤吉浩二(グリッグ役):モク部長
(敬称略)

[写真出典]
ダウントンアビーはすべてダウントンアビー公式サイトよりお借りしました