奇想曲的パクシフ作品楽賞録

パクシフさんをメインに、ときどき他の海外ドラマについても語ります

さそり座の男ク・ヨンシク!?ーヨンシクの誕生日①

前回、逆転の女王の第20話から22話が、放送日付近の行事とリンクしていることを書きました。ほかの回でも年月日を表すものが結構出てきて、それがドラマの放送日に近い設定になっているんですよ。

ヨンシクの誕生日が描かれているのは第8話。放送日は2010年11月9日です。ということはヨンシクの誕生日は11/9ごろ?ヨンシクの誕生日は日付が具体的に出てくるので、誕生日記念に?確かめてみます。


第8話では、4つの日にちが描かれています。

1日目
まず第7話の振り返りからスタート。
f:id:kisoukyoku:20161105230110j:plain
f:id:kisoukyoku:20161106025817j:plain
f:id:kisoukyoku:20161106025514j:plain

このシーンが好きで?まずバックミュージックがイイですよね。以前「今日は逆転の女王の誕生日」で書いた、宣戦布告のようなシーンでよくかかるかかる、ボクシングのゴングを連想させるBGM?です。

この曲を個人的に「ゴング曲」と呼んでいるのですが。曲の終わりがゴングっぽい。試合開始!または、試合終了!の合図みたいで? 状況が転じるような時にも使われる、コミカルで、何かが起きるような楽しい曲です^ ^


さて、第8話冒頭ですが、ファン・テヒの怒鳴り声が好きなのでその点でもこのシーンが大好物なんですよ? パク・シフさんの声も響く声だから、舌戦でもキム・ナムジュの声に負けていないですよね。

ホテルラウンジでのテヒと同級生の様子を勘違いしたヨンシク。テヒに「安い女」と言ってビンタされ❗️これまでも何かと反抗的な態度を取っていたテヒさん。「安い女」とまで言われて二人の関係は修復できるのでしょうか?


2日目
f:id:kisoukyoku:20161108233126j:plain
この日は日付の手がかりとして、重要です。テヒのセリフから、
在庫品販売の期限が、この日の午後6時までだということがわかります。

そしてその約束をした第7話でのヨンシクのセリフも重要。
「今週末までに在庫品千セットの販売と入金が完了しなければ、ファン・テヒさんの契約は打ち切る」

つまり、この日は週末の勤務日ということです。

この日のテヒの一日は盛りだくさんですよ。

ヨンシクに「約束を守れなかった場合、今月の人事考課はチーム員全員、零点」と言い渡されてお尻に火がついたチーム員たち。在庫品販売方法について、会食をしながら、その後場所を移しても話し合い。多数決により、会社の前で판촉 행사(パンチョク ヘンサ)販促イベントを行うことに決定。

f:id:kisoukyoku:20161108121321j:plain
販促中、報告を聞いて来たハン常務にどやされます。ハン常務のどやし声も好きなのよねえ?

そこへ救世主ヨンシク登場(^-^)v
f:id:kisoukyoku:20161108133644j:plain
在庫品をすべて自分が買い取った上、企画に参加させて欲しいとハン常務に申し入れます。

ヨンシクの中では企画参加は決定事項の模様。オフィスに戻り、チーム員たちに「アイディアをせっせと練って、持っている能力はすべて出し、無い能力は作り出してでも発揮してください」と話します。リーダーらしくなったヨンシク素敵ね。 無い能力を作り出せって、要求のハードル高いけど^ ^


仕事が終わって帰宅したテヒ。ジュンスが浮気しているとの妹の話から発展して、ジュンスが妹のダンナからお金を借りて店を出そうとしていることが発覚。お母さんとヨニの前で恥ずかしいと詰ります。この辺がリアルなんですよね。

f:id:kisoukyoku:20161108025336j:plain
洋服、昼間と同じなので、この夫婦喧嘩の場面も第2日目だとわかりますよね。

テヒに、「いっそのこと、何もしないで。じっとしててくれた方が助かるわ」と言われて怒ったジュンス、外に飲みに行きます。

f:id:kisoukyoku:20161108025048j:plain
この酒盛りの場面、地上波では見なかったわ。音声を変えるとあらまあ。酔って歌っているところも声優さんたちがちゃんと吹き替えているんですね〜^ ^

※この日は週末の勤務日だから、第3日との間に休日があるはずだけれど。酒盛り場面の次は、ハン常務が愛犬を連れて朝の散歩。ヨジンに「会社で話しましょう」と言っているので、クロちゃんシーンから週明けの勤務日、月曜日が始まります。


3日目
クロちゃん騒動から始まった週明けの月曜日。いよいよ、ヨンシクの誕生日当日です。この日の具体的な日付が出てくるのですが、どこでしょうか?


ヨンシクの孤独な朝食場面ではどう?誕生日の朝だというのに、わかめスープをつくってくれる人もなく、一人侘しくフレークに牛乳をかけて食べるヨンシク、かわいそうね。15話のカンウの言葉によるとお手伝いさんを雇わないっていうのに、いつも綺麗な部屋だわ。

メールが来ます。メールに日付は書いてないかしら?
f:id:kisoukyoku:20161107194047j:plain
日付は出てませんね?

今日はク・ヨンシク様の誕生日です。お祝い申し上げます。クイーンズカード

クイーンズグループはカード会社?も持っているんですね〜カード会社からなら誕生日メッセージ来そうですね^ ^



実はこのシーン、地上波にはなかったので完全版で初めて見たときは「こんなシーンもあるのねえ」なんて思いました。

記事を書くにあたり地上波の録画を確認。地上波では、前の就業日の夫婦喧嘩の場面の後、いきなり誕生日の屋上ヨンシクになります。カンウが「今日誕生日ですって?」とパーティー計画を知らせに来る場面です。


完全版では、その後ヨンシクとヨンシクパパの場面になりますが、ここも地上波にはなく、初めて見たときはビックリしました。見慣れない、シリアスヨンシクが現れたので。

このシーンで「アボジ」と呼びかける声も好き?ジュンソクの「アボジ」並みにイイかも。完璧な恋人に出会う方法の第11話、意識不明の父親の枕元で「ミランは酒で忘れたけれど、彼女は酒で忘れられそうにない」のシーンで口にする「アボジ」がツボで\(//∇//)\

근데요, 아버지(クンデヨ アボジ)ーだけどね 父さん、겁이 나요 아버지(コビナヨ アボジ)ー怖いよ父さん、のアボジです。ジュンソクを見ると、自然と口元が緩んでしまう私です。



いかんいかん、つい脱線してしまうわ。ヨンシクの誕生日の日付を探さなければ。


チーム員たちが用意してくれた誕生パーティー。2時間以上待っても本部長が来ないので、オフィスには仕事で残っているテヒだけがいます。

誕生日ケーキ?が嬉しいヨンシク。ロウソクをつけ、バースデーソングを歌ってもらい、拍手もさせて?、ロウソクを吹き消して嬉しそう。そこにマッチの不始末で火が?!

f:id:kisoukyoku:20161108163248j:plain

水も滴るイイ男になってしまったヨンシクです。ここでも日付はでてきませんでしたわ。



一方ポン・ジュンスは、ペク・ヨジンに呼び出され、ヨジン母が入院している韓国病院に来ていました。

ジュンスを必ず説得して連れて来い」とのハン常務の命令を、自力で遂行したいヨジン。リストラの名簿から自分はジュンスの名前を外していたのに、ク・ヨンシク本部長が最後にジュンスの名前をリストに入れたと嘘をつきます。ヨジンさん、何という嘘を!目的のために、人を貶める嘘をつくなんて。

さらに、ハン常務と本部長は상극相剋(サングッ)、相入れない関係にあること。会社に復職したらハン常務がジュンスの味方になってくれること。最後に「今は自分も味方なのに何を恐がってためらうの?ねえ?」と説得攻勢をかけたところに…

看護士が「すぐに来てください」と呼びに来ます。

急いで病室に駆けつけると…

医師の死亡宣告の声

11月8日22時○○分

※字幕には何分というところまで書いてあります。
※亡くなることをお医者様は「운명 하셨습니다」(ウンミョン ハショッスムニダ)と言っていて。운명(ウンミョン)ってどう書くのかしらと思ったら「殞命」と書くらしい。


ヨジン母の病室での場面、地上波でも見た気になっていたけれど、確認したらカットされていました。地上波では、看護士が呼びに来たところでカット。病室シーンは飛ばして、テヒの車に同乗して帰宅するヨンシクの場面になります。地上波版では、この日の日付は分からないということですね。


その車でのシーン?は、また書く機会があると思うので……私もカットします^^;

帰宅してシャワーも済ませたテヒ。ジュンスに電話すると、友だちの母親が亡くなったこと、帰りは遅くなりそうと言われます。


4日目
テヒの電話の場面から、流れるように葬儀場に場面が変わり、さらに流れるようにお葬式の場面へ。

ここは時間の流れが分かりにくくありませんでしたか?葬儀場からジュンスが帰ろうとしたら、参列客が集まって来ていて、「えっ、もう参列客が来てお葬式なの?」って。地上波で見ていたときは途中がカットされているのかと思いましたよ。韓国語も勉強していなかったし。

一応、セリフの中で時間の説明があります。

参列客の中にテヒがいるのを発見してあわてたジュンス、「きのう、友達のお母さんが亡くなったということで夜を明かしたんだ」とヨジンに言っています。ただ、字幕も吹き替えも、「友達の母親が亡くなったと嘘をついた」という内容だけに省略されていて、時間の流れがちとわかりにくい。

9話には、吹き替え版では時間の説明があります。ジュンスを物陰に連れ込んで小突くテヒ。字幕では「あの女が友達?私にウソをつくほど親しいの?」となっているのですが、吹き替えだと詳しく訳しています。

「ペク・ヨジンといつから友達なの?ずいぶんと親密なお友達ね。私に嘘をついてまで一晩過ごして」

直訳ではないのですが、一夜明けたことも訳されていて分かりやすいです。


さて、8話の最後はジュンスのコメディーで終了。

f:id:kisoukyoku:20161108223748j:plain
f:id:kisoukyoku:20161108223809j:plain
このエンディングが、逆転の女王全編を通して一番おかしかったかも。それと、ノーネクタイ主義のク・ヨンシク本部長の数少ないネクタイ姿を見られました。ネクタイ姿があるのはあと、30話と31話だけだったかな?


〜まとめ ヨンシクの誕生日
ということで、ヨンシクの誕生日の確認です。第8話の設定によると、

ヨンシクの誕生日は11月8日
ということになります。ペク・ヨジンのお母さんの命日と同じになるけれど、そういう設定なのだから仕方がありません。

カレンダーを見ると、2010年の11月8日は月曜日。在庫品販売の期限が週末で、誕生日はその次の勤務日、との設定と符合していますね〜。誕生日の翌日のお葬式の場面は11/9ということになります。8話の放送日が11/9なのでそこに日にちを合わせたのでしょう。

ただ、8話の中では日付の整合性があるのですが、8話より前の回から考えると計算がおかしいことに…その話はまた別の機会に。

それよりも面白いのは、ヨンシクが
さそり座の男

ということ。さそり座の女のラストの変形がぐるぐるめぐるわ〜
?そうよわたしは さそり座の男⁉︎ さそりの星は 一途な星よ?

さそり座は、韓国語で何というのかなあと調べると「전갈자리」チョンガルジャリ。チョンガル、最近聞いたと思ったら、ガンソクの台詞でですね。

第22話のサソリとカエルの話で。さそりは전갈(チョンガル)ですが、後ろに続く語によって形が変わり、「이」がついた전갈이(チョンガリ)という形で多く話していました。



最後に大事なこと。今日は11月8日なんですよね。何とかアップが間に合って良かったわ^ ^

ヨンシク、お誕生日おめでとう???